ハイドロリリース・筋膜リリース

ハイドロリリース・筋膜リリースについて

ハイドロリリースとはエコーを用いて筋膜を中心とした結合組織の癒着をはがす様に注射を行う手技です。(ここ数年のエコーの発達により可能となってきた治療法です。)

  • 癒着を剥がし、筋・筋膜の動きを良くする事での痛みの改善を期待します。
  • 筋膜だけでなく、神経周囲の癒着を剥がす事での効果も認められ、筋力低下や頑固な神経痛、しびれに対しても効果が期待できます。
  • 従来行われてきた局所注射では痛み止めや麻酔薬による疼痛軽減を目的にしていたのに対し、ハイドロリリースでは癒着をはがす事による症状軽減が目的であり、使用するのは体の組成に近い生理食塩水とごく少量の麻酔薬であるため、副作用の心配もほとんどありません。

筋膜とは筋肉の表面だけでなく骨や内臓、血管や神経などのあらゆる組織をつなぎ体を支える第2の骨格とも考えられる様になってきています。主な働きとして以下の事が考えられています。

  • 張力による姿勢の保持
  • 筋や腱が収縮した際の力の伝達
  • 感覚受容器が豊富に含まれ、痛みや痒みなどの感覚を脳に伝える作用

長時間の不良姿勢や誤った行動パターンによる筋膜の癒着やしこりがあると血流が低下し、適度な水分量が失われ、結果として

  • 筋・筋膜の柔軟性の低下(伸びきった状態、縮みきった状態)→姿勢不良
  • 筋力低下
  • 痛みの発症 などにつながっていきます。(放置すると慢性化や更なる悪化に)

ハイドロリリースでは筋膜の状態を改善する事により、それらの症状の改善を期待します。
驚くほど即効性に痛みの改善ばかりか体の柔軟性まで変化する場合もあり、長期間ストレッチや筋力トレーニングを行った場合と同様の効果が期待できます。
かつ体への負担も少なくいい事ずくめの様な治療法ではありますが、注意事項もあります。


残念ながら効果は永続的でない場合が多く(特に姿勢異常を伴う様な慢性の症状では)、効果を長続きさせ再発を予防するには適切な運動療法やご自身での生活習慣や身体の使い方の意識変容も必要となってきます。注射と併用したリハビリを通じ、その為の助けになる様な指導も行っていきたいと考えております。

また損傷や癒着の程度、関節の変形などがあまりに高度な場合には効果が薄く他の治療を要する場合もあります。

全てに万能という訳ではありませんが、患者様の病態を早期に判断、改善し、改善に至らない場合でも次の治療法の決定に役立つ手技である事は間違いないと考えております。

様々な部位の痛み、しびれに対し対応致しますので、是非一度ご相談下さい。

三重県津市にて整形外科を診療する「むらしま整形外科」についてご案内します。

モバイルサイト

http://www.m-o-clinic.com/

モバイルサイトはこちらのQRコードをご利用ください。

ページトップへ
文字サイズ